本校の概要

 本校は、半田市・常滑市による一部事務組合立の学校で昭和46年4月に、半田常滑高等看護学院(2年課程定時制)として設立されました。
 その後、2年課程定時制は平成16年3月31日で廃止となり、現在は3年課程のみの学校です。
 地域住民の保健・医療・福祉に貢献できる有能な看護師を育成するため運営しております。 

 本校の特色
1.主な実習施設と就職先
  本校は、主な実習施設として半田市立半田病院、常滑市民病院を位置づけています。
 両病院は学生の主な就職先になっており、実習を通して、自分の将来像を見据えて、イメージできる  こと、また、病院側も将来一緒に働く仲間を育てるという意識を持ち実習を受け入れていただいてい  ます。
2.看護師国家試験の取組み
  全学年を通し、各科目の授業の中で、過去の看護師国家試験問題を使用し、また、基礎学力の確認テ スト等を実施して意識を高めています。
  さらに、教員の専門性を活かした看護師国家試験対策講座を実施し、高い合格率を達成しています。 (平成23年度100%、平成24年度100%、平成25年度100%、平成26年度97.7%)
3.有意義な教育内容
(1)アメリカ合衆国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)看護学部及び            UCLAMedicalCenter への海外研修旅行(3年生4月)を行います。
(2)中部国際空港で行われる航空機事故を想定した消火救難・救急医療活動総合訓練へ負傷者役として   参加します。
(3)本校近隣の保育園等と合同で緊急津波避難訓練を実施し、地域への貢献活動をしています。