看護体験入学のボランティア参加

 毎年8月に行われる「看護学校体験入学(高校生以上の看護職を目指す方を対象に看護に対する理解と本校への関心を深めるための行事)」が 実施され、在学生12名がボランティアとして参加して、3年ぶりの開催を盛り上げてくれました。

 ボランティアの学生達は、事前にコロナウイルス感染症抗原検査を実施し、「看護学校体験入学」に臨みました。採血技術、衛生的手洗い、新生児抱っこ、聴診器技術、心臓マッサージなどの看護体験を看護教員と協力しながら行いました。また、懇親会の参加者には、本校の先輩として質問に答えたり、学校生活のアドバイスをしました。
 ボランティアとして参加した12名の学生達にとって、大変有意義な経験となりました。



1年生基礎看護学の「技術試験」

令和4年7月下旬、1年生の基礎看護学の「技術試験(ベッドメーキング)」が行われました。
1年生は、入学してから、一般教養の科目及び専門基礎分野の「解剖学Ⅰ・Ⅱ」、「生理学Ⅰ・Ⅱ」、「病因論」などを学ぶとともに、「基礎看護学」の授業の中では、入院患者さんにとって「安楽で安全なベッド環境作り」の技術を学びました。そして、初めて、看護技術「ベッドメーキング」の試験を担当看護教員に受けました。看護師になるための技術を、ひとつひとつ学んでいきます。




新入生歓迎会

令和4年4月28日(木)午前、1、2年生の学生80名と教職員で「新入生歓迎会」を行いました。
コロナ感染症対策をしながらグループに分かれて、自己紹介などをして、楽しく学生同士の交流ができました。





防災訓練

令和4年4月21日(木)午前、1、2年生の学生80名と教職員で「防災訓練」を行いました。
地震発生後、3階調理室から火災が発生した想定で避難災訓練を実施しました。
避難後、半田消防署職員の指導のもとに消火訓練及び煙道体験をしました。
災害時の避難のあり方や消火器の取扱いについて学びました。




地域貢献活動

令和3年5月31日(月)3限目、3年生の学生51名と教職員で「地域貢献活動」として、近隣の清掃活動を行いました。
清掃活動によって、学生は自分達の住む街のより良い環境づくりに貢献していること、地域を大切にする心、近隣の方への感謝の気持ちを実感しました。
収集したゴミの量は、140㎏ でした。